モレノ式17日間ダイエット方法の効果は?《私の口コミ》

ダイエット本「世界一きれいになるモレノ博士の17日間ダイエット」を購入してみましたので、 実際に読んでみた私の口コミを、レビュー形式でお届けします!

ザイラップでダイエットに成功した管理人が感じた「モレノ式ダイエット方法」に期待できる効果とは!?

 

「世界一きれいになるモレノ博士の17日間ダイエット」を買ってみました!

「世界一きれいになるモレノ博士の17日間ダイエット」とは、「ドクターマイク」の愛称で親しまれている全米No.1のダイエットのカリスマ、マイケル・ラファエル・モレノ博士の著書で、全米で130万部突破したというダイエット本です。

モレノ式17日間ダイエット

 

世界一きれいになる17日間ダイエットのキャッチコピーは、

 

「一生太らない!」

「絶対リバウンドしない!」

 

です。 言い切っちゃってるところがすごいですよね(笑)

 

これが本当なら、確かにすごいことですが・・・。

 

芸能人の春香クリスティーンさんも17日間ダイエットを実践して、 実際にお腹周りが▲16.5㎝、体重が▲7.5kgと成功し、テレビで話題沸騰なのだとか。

(私はあんまりテレビを見ないので、詳細は不明・・・。)

 

どんな事をすれば世界一きれいになれちゃうのか、 女性ならとっても気になりますよね?(なぜか私も興味津々。笑)

そんな「世界一きれいになるモレノ博士の17日間ダイエット」を実際に購入し、 やっと読み終わりましたので、私の口コミをレビュー形式でお届けしたいと思います!

 

1章:とにかく「結果がすぐ出る」ダイエット!

具体的なダイエット方法の前に、17日間ダイエットの約束事や詳しい説明が書かれています。

モレノ式1章

 

一部抜粋させてもらうと、

 

最初の17日間で体重は5~6キロ落ちる。それは食事と運動のバランスをよく考えて代謝を調節し、絶えず脂肪を燃焼させるように計画されているから。

なぜ17日間サイクルなのか?減量期間はわずか17日間に限定される。体と代謝に次は何が起きるのか、常に推測させるダイエットである。17日間サイクルごとに摂取するカロリー量と食事の内容を変えるので、決して飽きないというメリットがある。

このダイエットは決して失望させない!・・・が、決して楽しいダイエットではない事を覚悟して。体に悪いものは我慢し、肉は脂身の少ない赤身を食べること。

 

というようなことが書かれていました。

 

あと、これは私も最初勘違いしていたのですが、 「17日間ですぐに世界一きれいになれる!」

 

・・・わけではなく、

 

最初の17日を終えてからまた17日間、その後さらに17日間・・・と、 合計で51日(=17日×3回)の合計3サイクルに加えて、維持期の1サイクルも必要。

つまり、全部で68日間をかけてやるダイエット方法だということです。

 

 

その結果、体重が安定期に入り、 好物など色々な食事を食べれるようになる(←ただし週末限定!)ということみたいです。

 

つまり・・・結局2ヶ月近くかかるってことですね。。( ノД`) ソウダッタノカ…

 

この本のタイトルである「世界一きれいになるモレノ博士の17日間ダイエット」を見た人なら、誰だって たった17日で痩せられるって思っちゃいますよね?

(私はそう思ってこの本を買いました・・・。)

 

まずは、この点をしっかり認識しておく必要がありますね。

 

 

さて、モレノ式で世界一きれいになるための「17日間ダイエットの秘密」ですが、 先ほど少し書いたとおり、4つのサイクルに分かれいます。

  • サイクル1-促進期 (17日間)
  • サイクル2-活性期 (17日間)
  • サイクル3-確立期 (17日間)
  • サイクル4-達成期 (継続)

この4つのサイクルの相乗効果で、 最終的に理想の体重になることを目指すことになります!

 

さらに、この「17日間ダイエット方法」の4大特徴として、

  1. 消化器系を健康にして急激に体重を落とすことで血液中から糖分が抜け、脂肪燃焼が促進。
  2. カロリー消費を調節して代謝を正常化し、脂肪燃焼を促す。
  3. 健全な食習慣を身につけ、目標体重に近づける。
  4. 平日は健康的な食事をする。週末には好きなものを楽しく食べるプログラム。

ということが書かれています。

 

やっぱり基本は、食事の見直しなんですね。(←すごく共感します!)

 

ちなみに、本によると「痩せることでセクシーになり、結婚までできて、そしてお金持ちになれる!」とのこと(笑)

 

でも、痩せるといいことたくさんあるのは本当だと思いますので、 がんばって思いっきり痩せちゃいましょう!

 

2章:大事なのは「これだけ」です!

2章では、実際にどんなものを食べればいいのか、またその理由が詳しく説明されています。

モレノ式2章

 

ポイントは「食品の相乗効果が、ダイエットの決め手になる」ということ。

17日間ダイエットでは、脂肪の少ないタンパク質や 果物や天然素材の炭水化物、プロバイオティクス、体にやさしい脂質など、 健康的な食事を摂ることと食品の相乗効果により、消化と代謝の改善を目指します。

 

このことに反対する人はいないと思いますが、

野菜を食べる=痩せる 野菜を食べない=太る

ということにも言及されています。

 

  • 野菜を食べると一日中エネルギーに満ちあふれる ↓
  • 消化と吸収が改善 ↓
  • お肌がつやつやになる ↓
  • がんや心臓病といった命にかかわる病気を予防できる

 

こうやって本に書かれていることであらためて気付かされますが、 やっぱり野菜を摂らなければ健康への道は開けないんですね。

 

野菜は(糖質が低いものであれば)どれだけ好きなだけ食べても太らないので、 量を摂るにはスープにいれたり工夫すればなんとか自分にも出来そうかな・・・。

あと、糖分の多い果物は大量に食べるとダイエットが台無しになる可能性があるので、 フルーツを食べるなら、糖分の少ないりんごやオレンジにするといいみたいですよ?

 

17日間ダイエットでは、健康になるために必要な栄養を摂るわけですが、 炭水化物をある程度制限する必要があります。いわゆる「糖質制限ダイエット」というわけではなさそうですが、 頭の隅に入れておいた方がいいかもしれませんね。

 

また、体重を減らすためには、緑茶か水を飲むことが推奨されています。

 

激ヤセするためには、水は1日コップ8杯(コップ1杯250CC)を飲むように書いてあります(汗) 水が蓄積された脂肪の代謝を促してくれるんだとか。

(ただしコーヒーや紅茶、スポーツドリンクなどは水にカウントされないため注意、とのこと・・・。)

 

3章:健康的に、激ヤセします!【第1サイクル】

さて、3章からはいよいよ各サイクルの説明に入ります!

モレノ式3章

 

第1サイクルは「促進期」。

糖と毒素を排出し、減量しやすくすることで、 体重があっというまに落ちるのがこの時期とのこと。

 

ではまず、促進期のルールをチェックしてみましょう。

 

◆促進期のルール

  • 促進期は17日間。目標体重まで減量できたら、第4サイクル(達成期)に進む! 目標体重に達しなかった場合は、次のサイクル(活性期)へ進む。
  • 食事内容は、脂肪の少ないタンパク質や果物や天然素材の炭水化物、 ヨーグルトなどのプロバイオティクス、良質の油脂など。   *ジャガイモ、トウモロコシ豆ル類、玄米、などのでんぷん質はここではNG!
  • 鶏肉などの皮は事前に取り除くか、皮なしの肉を買う。
  • 卵は一日2個まで。
  • 甘味料を加えていないことが前提で、新鮮な野菜や果物はできるだけたくさん食べる。
  • フルーツは炭水化物のため、午後2時以降は食べてはいけない。 早い時間に食べることで、その後の時間を精力的に過ごすエネルギーとして供給される。
  • アルコールと砂糖をさけ、体内から毒素を排出し、脂肪を燃焼させる。
  • 緑茶を飲む習慣をつける。(緑茶には、脂肪燃焼を促進する物質が含まれる。)
  • プロバイオティクス食品は、脂肪燃焼を促進すると研究で発表されている。
  • ゆっくりと腹8分目まで食べる。
  • 1日にコップ8杯(1杯250cc)の浄水を飲む。
  • 1日に17分以上運動をする。

 

食事については、かなり制限がありますね、こうやって見てみると。この時点では、肉や野菜に含まれるタンパク質には制限はないみたいですが、 炭水化物には厳しい制限が入ります。

個人的には、1日コップ8杯の水を飲むことと、 毎日17分以上の運動を継続するのが大変そうだな~って思いました。

 

さらに、「スリムになる為の17のヒント」が本の中で紹介されていました!

 

スリムになる為の17のヒント

  1. 新鮮=栄養満点な野菜を食べる。
  2. 果物は傷がないものを選ぶ。
  3. 種類が多いほど、ファイトケミカルや多くの抗酸化物質が得られるため、 サラダはいろいろなグリーン野菜を。
  4. 色鮮やかな、濃い色の果物や野菜を選ぶこと。
  5. レタスは葉色の濃いものがおすすめ。
  6. 玉ねぎや甘唐辛子からは幅広く栄養を摂ることが出来る。
  7. 新鮮な旬な果物や野菜を選んで買うこと。
  8. できれば摂ったばかりの地元の野菜や果物を買うこと。
  9. ベリー類は傷みやすいので、食料品店では容器の底を調べること。
  10. いちごは色鮮やかなものを。色鮮やかなのは、栄養の質が高い証拠。
  11. 新鮮かどうかは、ベリー類のにおいをかいでみる。
  12. 食品リストの中からいろいろな種類の野菜や果物を買うこと。
  13. 出来るだけ、果物や野菜は生で食べること。
  14. 野菜の調理時間はできるだけ短くして、栄養を守ること。
  15. 蒸すことで野菜の栄養をとるのがベスト。
  16. 冷凍野菜は、室温で解凍せずに冷蔵庫で解凍すること。
  17. 栄養や繊維が失われるため、出来るだけ(野菜などの)皮はむかないこと。

 

糖分の少ない果物であれば、1日2回はOKって書いてありました。 具体的には、りんご、ベリー類、オレンジ、もも、洋ナシ、プラム、赤ブドウ プルーン、などです。

 

プロバイオティクス食品も1日2回まで。 具体的には、ヨーグルト、ケフィア、ヤクルト、カッテージチーズ、キムチ、といったものです。

 

体にやさしい脂質は、1日に大さじ1~2杯ならOKとのこと。

魚の脂やオリーブオイル、亜麻仁油などヘルシーな油脂は 心臓病や脳卒中、ある種のがんや糖尿病のリスクを低下させ、 間接の健康を促進、筋肉が失われるのを防ぐ効果があるみたいです。

 

ダイエット成功のポイントは、 炭水化物を少なく、タンパク質を多く摂ることみたいですね、やっぱり。

 

あと、ちょっと参考になりそうな面白いことが書いてありました。 「空腹/満腹メーター」を使い、自分の体にぴったりあった食事の量を決める、という考え方です。

 

◆空腹メーター

・お腹が少し空いていると感じたら、胃はほぼ空っぽの状態 → ここで食べることが重要!

・お腹が空きすぎてうるさく鳴る。それもすぐに。 → こうなるとドカ食いまっしぐらに・・・。

 

◆満腹メーター

・なんとなくお腹がいっぱいになってきた → 腹8分目にとどめた自分をほめてあげる!

・お腹がはちきれそう → もっと自制すること!

 

「少しお腹が空いたと感じ」たら、食事をとることが大切なんですねー。

 

後半には、やはり運動(エクササイズ)のことも書かれていました。 モレノ式ダイエット方法に「17分間エクササイズ」は欠かせないそうです。

(時間が17分なのは、やっぱり17日間とかけてる!?)

 

本の中でおすすめされているのは、1日2回の軽い有酸素運動です。運動によって数時間後の代謝が促進されることは科学的に証明されているので、 それを2回に分ければ、脂肪を2回燃焼させられることになります。だから1日2回の有酸素運動なんですね。

 

有酸素運動には、ウォーキングやジョギング、ランニングなどがあります。 ここら辺はダイエットの超定番なので、ご存知の方がほどんどかもしれませんね。

(こういう運動をやりたくなくて、新しいダイエット法を探している方も多いと思いますが・・・。)

 

ただ、こうやって本を読み進めていくと、 やはりダイエットには「食事の見直し+運動」が必須なのかなって思いました!

 

 

食事については、食物繊維のことにも言及されていました。

 

食物繊維をたくさん摂ることによって、リバウンドしないことが証明されているそうです。 なぜそうなるのかというと、食物繊維が食事の摂取量を抑えてくれるからだとか。

そして、よく噛むことによって腹持ちもよくなるので、よく噛んで食べることがやはり大切みたいです。

 

注意しなくてはいけないのは、食物繊維を摂って水を摂らないと、 食物繊維は体内を通るために水が必要なため、セメントのようにガチガチになってしまうとのこと。

(これも便秘になる原因のひとつかも!?)

 

こうやった読んでいると、食について大変勉強になる内容が書いてあり、 なぜそうなるのかという理由や背景もしっかり書いてあるので、 非常に納得感があるなぁと思いました。

そして、この本に書いてあるとおりに実践できれば、 「本当に健康的にきれいにやせれるかも?」という気持ちになりますね。

 

そして、ダイエットには裏技的な方法はなく、 「食事の見直し」と「運動」の組み合わせがベストだってことを、あらためて認識できました!

 

4章:「低カロリー」と「高カロリー」の交互ダイエット【第2サイクル】

第2サイクルは「活性期」。

モレノ式4章

 

第2サイクルの特徴は、

「隔日断食」

です。

食事を交互にすることで代謝を刺激し、 ダイエットの停滞期を予防する効果があるのだとか。

 

低カロリーの日と高カロリーの日を交互にして体脂肪を減らす「隔日断食」によって、 体重が持続的に減少し、細胞に脂肪を蓄えるのではなく、 燃焼するように命じるやせ遺伝子を活性化させることができるようです。

 

そんな活性期にも、ちゃんとルールが定められています。

 

活性期のルール

  • 活性期は17日間。活性期の食事と促進期の食事を交互にもってくる。
  • 目にみえる脂肪を肉から取り除く。
  • 鶏肉などの皮は事前に取り除くか、皮なしの肉を買う。
  • 卵は一日2個まで。
  • 甘味料を加えていない事が前提で、新鮮な野菜や果物はできるだけたくさん食べる。
  • 引き続きアルコールと砂糖をさけ、体内から毒素を排出し、脂肪を燃焼させる。
  • 天然のでんぷんリストにある食べ物は1日2回までとする。
  • ゆっくりと腹8分目まで食べる。
  • 1日にコップ8杯(1杯250cc)の浄水を飲む。
  • 1日に17分以上運動をする。

 

「促進期のルール」の内容から少し変わっていますね。

 

先ほども説明したとおり、第2サイクルの「活性期」は、 低カロリーのメニューと高カロリーのメニューを交互にもってくる「隔日断食」が基本になります。

 

また、ここでも「スリムになる為の17のヒント」が本の中で紹介されていました!今回は、油脂や砂糖を使わずに食べ物のうまみを引き出すためのヒントとして、 スパイス別の調理の仕方などを教えてくれています。

 

例えば、

◆バシル:バジルはトマト料理の風味付けによく合う。

◆ブイヨン:油脂を使わずに、減塩、低脂肪のチキンとビーフのブイヨンを使って肉をソテーする。

◆シナモン:オートミール、ホットシリアまたはコーヒーにこの甘いスパイスをふりかける。

◆ニンニク:マッシュポテトやサラダドレッシングに混ぜる。

◆レモン:新鮮な絞り汁をサラダや野菜、魚にかける。

というように、具体的な調理の仕方などが書いてあり、 これなら料理が苦手な人でも親切で分かりやすいです。

 

忠実にルールを守って実践すれば、 活性期を終える頃には服がぶかぶか、ゆるゆるになるくらい体重が減るそうです!

 

「隔日断食」という言葉が目にはいってきて「断食するの!?」と最初は驚きましたが、 何にも食べない断食ではなく、低カロリーメニューと高カロリーメニューを交互に実施するのならば、 メリハリもあるし、辛くならずに続けていけるのではないかと感じました。

 

そしてダイエットメニューをより楽しく、おいしくするためのスパイスや調理法なども教えてくれていて、 モレノ式をじっくり取り組みたい人にとって、非常に参考になる内容が多いと思いました。

 

5章:「理想体重」が定着します!【第3サイクル】

この時点で、モレノ式ダイエットを始めてから34日が経過したことになりますね。

第3サイクル「確立期」では、規則正しい食生活や 体に良い食べ物を取り入れること、良い食事を確立することが目的となっています。

モレノ式5章

 

今までのサイクルよりは体重が落ちるペースはゆっくりになりますが、 ここでは肩の力を抜き、アルコールもほどほどに楽しんだり、 パンやパスタ、間食などをしてよいみたいです。

(おぉ、これは嬉しいですね!)

 

でも、減量スピードをアップさせたいという人は、 ウォーキングなどの有酸素運動をしたり、午後2時以降は炭水化物を食べないようにしたり、 アルコールを我慢することで減量のペースを落とさずに済みます。

(まぁ、そりゃそうですよね・・・orz)

 

確立期のルール

  • これまでのサイクルと同じ17日間。
  • 今までよりバラエティ豊かに食べられるようになるために、タンパク質の量を調整すること。
  • 魚、鶏肉、牛肉は少なめに、アルコール飲料は1日に1杯まで!
  • 毎週の有酸素運動を増やす。週に150~300分以上運動する。

 

確立期17日間の朝・昼・夜のメニュー例がのっているので、 それを参考にしてそのとおり食べ進めていけばよくなっています。これなら毎日の献立に困ったりはせず、ダイエットに専念できそうですね。

 

ある日のメニューは、

◆朝食 全粒小麦のトースト1枚、ポーチドエッグ、半熟卵、または固ゆで卵1個分、グレープフルーツ1/2個、緑茶1杯

◆昼食 チキンのシーザーサラダ、鶏の胸肉のグリル、ロメインレタス2カップ、ライトシーザードレッシング大さじ2、全粒小麦のトースト1枚、緑茶1杯

◆間食 プロバイオティクスまたは乳製品代用品1食分、果汁入りアイスキャンディ1本

◆夜食 豚ヒレ肉のロースト、ミックスサラダ1カップをノンオイルドレッシング大さじ2であえる、緑茶1杯

というように、(自分がちゃんと作れるかは別として)ここまでメニューが決められていれば、 安心して忠実に「モレノ式ダイエット方法」を実践できそうですよね。

 

6章:どんなに食べても絶対、リバウンドしません!【第4サイクル】

いよいよ第6章、第4サイクルに突入です!

モレノ式6章

 

ここまで頑張ってきたら、ついに

「今後は好きなものをいくらでも食べたり、飲んだりしてもリバウンドしない体を手に入れた!」

 

・・・となるのではなく、 痩せた体重をキープするには、

 

永遠にダイエットをする必要がある

 

と書いてありました・・・。

 

 

そ、そりゃそうだよね・・・。( ノД`)

 

とちょっとげんなりしてしまいそうですが、 楽しみながらダイエットを続けていける方法をいくつか教えてくれています。

 

それは「週末の開放日」を設定して、ダイエットを一服すること。

 

◆月曜日から金曜日まで 好きなサイクル(促進期、活性期または確立期)の献立を楽しむ。

◆金曜日の夕方から日曜日の夕方まで 好きな食べ物を(ほどほどに!)楽しむ。

 

確かに、毎日ずーっと制限された食事を食べ続けなければいけないとなると、 ダイエット自体をあきらめて逃げ出したくなるかもしれないですよね。週末だけでも好きな食べ物を食べられるなら、 気分的にもメリハリをつけられて、ずっと続けていけそうです。

 

そして、週末には体重計に乗り体重を測る習慣をつけることによって、 気付いたらリバウンドしていたというようなことを防止してくれます。

 

他には、

  • 朝食を重視してその日の充実感を高める
  • サラダと仲良しになる
  • ハメをはずさないように注意する

といったことなどが書かれています。

 

7章・8章と続く・・・

7章では、筆者がよく聞かれる質問と答えの「Q&Aコーナー」になっています。

モレノ式7章

 

次の8章では、「モレノ式17日間ダイエット」がより楽しめるような、

  • 健康な体質に変わるための調理法とコツ
  • 肉類は90%脂肪を取り除いてあるものを使う
  • 乳製品のレシピなら低脂肪の製品を代わりに使う

といった内容が紹介されています。

モレノ式8章

 

そして、モレノさんのダイエットレシピとして、「卵白で作る野菜のフリタータ」「スペイン風オムレツ」といったレシピがいくつか紹介されています。

 

「モレノ式ダイエット方法」に期待できる効果は?

この本は、ずっと健康的な食事や運動を続けていくことで、 一生太らず、リバウンドしないきれいな体になることを目指した内容です。

 

ただの一時的なダイエットではなく、 ライフスタイルや、生き方そのものを変えていこうという内容なわけです。逆に言えば、このダイエット法を実践したからといって、 それを辞めてしまえば、またリバウンドしてしまうということも意味しています。

 

この本のキャッチコピーである

「一生太らない!」

「絶対リバウンドしない!」

についてですが、ちょっと補足すると

 

「一生太らない!」(永遠にやめなければ・・・)

「絶対リバウンドしない!」(永遠にやめなければ・・・)

 

ということです。 (モレノさん本人も、本の中でそうおっしゃってますので・・・。)

 

ですから、この本を読んだからといって、今までと違った特別なダイエットができると考えるよりも、 むしろ人間の体に合わせた、痩せるための正しいメソッドを学べる本と考えた方がいいです。

そういう意味では、よくダイエット本にありがちな 「~するだけダイエット!」「~を食べるだけダイエット!」などの偏ったダイエット本とは違い、 ダイエットの根本の考え方を変えてくれる本です。

 

「ダイエットの根本の考え方を変えてくれる」

それこそが、この本を読むことで得られる最大の効果ではないかと考えます。

 

ですので、今までの食事の内容をちゃんと見直し、 真面目にダイエットに取り組みたい方にはおすすめできる本だなと思いました。

 

どこまで完璧に実践できるか、正直私は自信ありませんでしたが(笑)、 できることだけでも実践すれば、ダイエット成功に一歩近づけるのではないかな、と思いました!

 

本気でダイエットするなら「ザイラップ」もおすすめです!

「短期間で10キロ痩せたい!」 「リバウンドしないダイエットをしたい!」 「自分ひとりでダイエットを続ける自信がない・・・」

そういう方は、ダイエットジム「ザイラップ」への入会を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

私はザイラップに入会して、たった2ヶ月で11.1キロのダイエットに成功したのですが、 やはり過去には何度もダイエットの失敗経験がありました。そんな私でも短期間で大幅なダイエットに成功できたのは、 ザイラップが痩せるためのメソッド・環境を用意してくれたからです。

ザイラップの公式サイトは、↓のバナーからアクセスできますよ。

ページ上部へ戻る