ロングブレスダイエット方法の効果は?《私の口コミ》

「美木良介のロングブレスダイエット~顔も身体も美しくやせるブレスプログラム」とは高校在学中は野球部に所属し、春のセンバツと翌年夏甲子園などにも出場し、将来を嘱望されたが肘の故障のため野球を断念し、その後現在はテレビやドラマ、また歌手としても幅広く活躍する美木良介さんが考案したロングブレスによる女性ダイエットの決定版です。

ロングブレスダイエット
この本のキャッチコピーは「女性のダイエットはやせたとしても顔と首、体が美しくなければ意味がありません!『美肌』『くびれ』は私におまかせください!」となっていて、世の女性は誰もが手に入れたいであろう「美肌」「くびれ」の2大ワードと、「わたしにおまかせください」という力強いお言葉に思わす女性達は本屋さんでこの本を手にとってしまうのでしょうか。

ザイラップの「2ヶ月でマイナス15キロ!」というキャッチコピーも強烈ですが、こちらのロングブレスダイエットのキャッチコピーも魅力的ですね。

 

はじめに:女性のダイエットはやせたとしても美しくならなければ意味がありません!

ここでは筆者が、女性のダイエットで陥りがちな実態とそこでのロングブレスの効果についてお話しています。ロングブレスダイエットについての本は今までで4冊発売されていてこの本が第5弾となり、今回は女性を強く意識した、「顔も体も美しくやせる」ロングブレス本で、70分のDVDもついているので、DVDを見ながら実践出来るのでわかりやすくなっています。

時間がなくてザイラップのようなジムに通うことができない方は、自宅で実践できるDVDがあると便利ですよね。

ダイエットをすると、顔や首、身体の皮膚は下へ、下へと下がっていき、結果、皮膚や肉がたるんだ状態になり、特に首やほほ周りが目ってしまい、たとえ顔周辺がやせてスッキリしたとしても、頬がこけ、その肉があごや首にたまっている状態の人をよくみかけるのだとか。

これが人に老けた印象を与えてしまい、ダイエットは体重が減るのは当然として、女性の場合は美しくなることもダイエットの重要なポイントで、そんな状況を避ける為にはロングブレスの呼吸法を取り入れたエクササイズで顔周辺を含む全身の筋肉を鍛えることによってやせると同時に、この筋肉を鍛えることによってダイエット後もハリのあるフェイスラインを保つことができるそうです。

さらに美木さんのレッスンによって30キロやせたタレントさんは、顔にしわやたるみを残さず、さらにバストアップ効果もあったようです。

女性はただ、とにかく体重を落としてやせるダイエットで無理な食事制限などに走ってしまいしまいがちなようですが、痩せてさらに美しいボディラインを手に入れられれば、言うことなしですよね。これは、ザイラップで行う筋力トレーニングにも通じるところがあります。

そして、次のページでは、このロングブレスダイエットで女性は美しく健康に痩せることができると横浜東邦病院医学博士梅田嘉昭院長がその理由と効果を説明しています。

 

第1章:フェィスラインを美しくする呼吸法をマスターしよう

この章ではフェイスラインを美しくするための呼吸法を写真を交えていくつか紹介しています。

人間の筋肉は、使わなければ退化し、たるんでいくため、ロングブレスでは筋肉をたるませずに引き締めるために、たるみのない状態=身体を正しく伸ばした姿勢でのトレーニングが基本になり、頬を大きくふくらませて声を出しながら強く長い呼吸をすることで顔周辺の筋肉を動かし引き締め、美しいフェイスラインを目指していきます。

ザイラップではフェイスラインを整えるトレーニングはありませんから、フェイスラインが気になる方は参考になると思いますよ。

 

第2章:代謝を高めて美肌を手に入れよう!

ここでは、代謝を高め美しい肌をめざすための少しハードな約7分間連続でロングブレスをすというメソッドが紹介されています。

女性にとって「汗は最高の美容液」であり、汗をだすことで新陳代謝を高め、血液の循環がよくなり、足先や指先の冷えに悩んでいる人は改善にむかうと筆者は説明しています。

そして代謝がよくなるとその部分の細胞も活性化している状態になり、その結果肌つやもよくなり、吹き出物もへり、便秘の改善にも効果が期待できるそうです。(ザイラップでダイエットに成功した人が美肌になるのも同じ理由からだと思います。)

美容液と言われれば、女性は美しくなる為には高いお金を惜しみなくつぎ込む人もたくさんいるようですが、自分自らの汗が美容液になるなら、女性は少しハードなロングブレスでも頑張れてしまいそうですね。

ロングブレスを続けると代謝がよくなる理由のもうひとつの理由は筋肉量が増えるとあります。これは基礎代謝と筋肉に関係があり、人間が1日で消費するカロリーの約6割を「基礎代謝」が占めているんだそうです。一方で運動などで体を動かしたときに発生する「身体活動代謝」は約3割にすぎず、激しい運動をして消費するカロリーよりも、基礎代謝のほうが圧倒的に比率が高いそうです。

その基礎代謝の4割が筋肉で消費される為、ロングブレスで筋肉を増やしていくと自然と基礎代謝がアップし、脂肪がへり、太りにく体になり、リバウンドをしにくい体が手に入るというわけだそうです。やはり、筋肉をつける事がダイエットや美しいボディを手にいれるための近道なんです!そういう意味では、ザイラップもロングブレスダイエット方法も目指すところは同じなのかもしれません。

そして代謝を高めるロングブレスが7つ紹介されています。章と章の間には、女性のお悩みに筆者がが答える「美木良介に聞け!」というコーナーが設けられています。その中のひとつを紹介します。

Q:肌荒れや便秘になやんでいます。汗をかいてより代謝を高めるために、お風呂の中でロングブレスするのってありですか?

A:ロングブレスは起床直後が◎半身浴との併用も効果的です。

半身浴とロングブレスを併用するとより、続けるうちに代謝がよくなり、汗が出やすくなってお肌にもいい影響がでてくるそうです。なかなか時間のとれないときでもお風呂に入ってリラックスしながら行えば毎日の日課として続けていけそうですね。

また、すでにザイラップに通っている方でも、日々のお風呂でこういった習慣が身につけばより効果的にダイエットができるかもしれません。

 

第3章:腸腰筋を動かして若さを取り戻そう!

続いて第3章では、インナーマッスルである足と体幹をつないでいる腸腰筋を動かすことが若返りの大事なポイントとしています。腸腰筋は意識して正しく動かさないと確実に衰えていくため、この腸腰筋をを意識して鍛えることで正しい姿勢をキープでき、美ボディになれるそうです。腸腰筋=若返りの筋肉と筆者は言っています。

ザイラップでは腸腰筋については特に話を聞いたことがありませんでしたが、これはちょっと興味深いですね。

これは知らないといつのまにかお年寄りの歩き方になってしまうそうです。知らないってこわい、、、その腸腰筋を鍛える若返りエクササイズとしてとして3つのエクササイズが紹介されています。

 

第4章:体幹を鍛えれば美ボディはあなたのもの!

この第4章ではアスリート向けの専門的なトレーニングではなく、誰でも出来るトレーニングとして「体幹トレーニング」を紹介しています。

体幹とは、体の軸となる部分を言い、手や足をのぞいた身体の胴体部分、胸やお腹、おしりのことを指すそうです。体幹は、姿勢を正しく保ち、身体全体のバランスを取る役割を担っていて、走ったりしても身体のバランスが取れるのは体幹の筋肉が作用して姿勢を安定させているからだそうです。

その体幹を鍛えることによって身体の中心部が安定してバランスのとれた美しいプロポーションが手に入るそうです。そして、体幹の部分にはエネルギー燃焼能力が高い筋肉が多く存在し、背中側に多くあるため肩甲骨などを動かすことことが有効なトレーニング方法になるとか。筋肉量を増やして基礎代謝を高めるとやせやすくて太りにくい身体がつくれるので、身体幹トレーニング重要だそうです。

そしてそのトレーニングにロングブレスの呼吸法を取り入れることにより、インナーマッスルに働きかける効果が何十倍にもなるそう。ザイラップでもインナーマッスルは鍛えていきますし、やはり非常に重要なのは間違いなさそうです。

ロングブレス呼吸法を取り入れた体幹トレーニングの最大の特徴は、呼吸によって自分で負荷を調節できることなんだそうです。だから、器具を使ってケガをする心配もなくて、安心してできると著者は言っています。

自分で加減を調節しながら、自分のその日の体調などにも合わせて、トレーニングを出来ることは、お年寄りや体力に自信のない女性はすぐに限界を感じることなく、無理なく毎日続けていけそうなトレーニングですね。

そして、体幹エクササイズ初級編として4つのエクササイズ、上級編として4つのエクササイズ、ロングブレス腹筋運動、ロングブレス腕立て伏せ、ヒップを美しくするロングブレスなどが写真も交えて紹介されています。

 

第5章:ロングブレスウォーキングで足のラインをスッキリ!

そして第5章の最終章ではロングブレスのエクササイズにより代謝が高まった後に、正しい姿勢と呼吸法により歩くことで、一歩目から燃焼効果が期待され、肩こりや背中のお肉まで取り去ってしまうという一石八鳥のロングブレスウォーキングを紹介しています。

そして、ロングブレスを実践していくと同時にして欲しいことが、高タンパク、低脂肪の食事だと著者は説明しています。これは、まさにザイラップに通っている間の食事内容と同じですね。

やっぱり、どんなに頑張って運動をしても、その後に偏った食生活や、暴飲暴食をしてしまえば、効果は期待できないですよね。。。ただ、この運動はよい!と紹介して終わりではなく、きちんと食事の面からも総合的に健康になれるように考えていてくれると、読者もわかりやすく、嬉しいですね。

特に女性は腸内環境を整える食事を行うことが大事だと、著者は提案しています。腸内環境が乱れると、悪玉菌が有害物質を生み出し、腸に老廃物が溜まり便秘や肌荒れ、むくみなど女性としては放ってはおけない悩みがどんどんと出てきてしまうそうです。

エクササイズを始めた10日間は良質なたんぱく質を加えた野菜中心の生活にシフトすると、体内の毒素もデトックスされ、便秘などに効果的なようです。著者は良質なたんぱく質としてえだまめ、なっとうに生卵をかけて食べることで血流改善や抗酸化作用、が期待できる、など色々な効果的な食べ物の組み合わせなどを紹介しています。

そして、ダイエットをしているなら、夕飯はパスタ、米などの炭水化物はとるのはやめたほうがよいとか。それは、夜は食事の後に寝るだけになってしまうためカロリーが消費しずらくなってしまうからだそうです。ザイラップ風に言えば、パスタや米は糖質のかたまりなので、ダイエットしたいなら当然NGということになります。

そして食事で一番大事なことはよく噛んで食べること!食事をよく噛むことで満足感がまし、満腹感が得られ、顔周辺の筋肉を使うから皮膚のたるみやしわ予防&解消にも効果が期待出来るそうです。意識せずに食事をしているといつのまにか噛む回数が減ってしまったり、急いで飲み込んでしまいがちですが、よく噛むことでもダイエットや美容に繋がっていくんですね。

ザイラップで一度ダイエットに成功すれば、嫌でも食習慣が見直されますが、こうやってロングブレスダイエット方法でも同じようなことが言われているわけですから、日頃の食事がいかにダイエットに密接に関わっているかがよく分かるかと思います。

 

終わりに:ただやせるだけじゃない!女性がいつまでも美しく輝くメソッド

終わりに著者はまとめとして、女性のダイエットは10代、20代の若い頃はただ体重を減らせば良かったかもしれないが、ある年齢以上になったら、それではいけないとお話しています。

結果やせたとしても老けてみえてしまたり、やつれて見えないように脂肪を落とすと同時にある程度の筋肉をつけていく必要があるそうです。その正しい筋肉をつけていくことで、5年、10年後の健康状態も違ってくるそうです。だからこそ、ザイラップで筋トレをするのが大切なのです。

ロングブレスダイエットは誰でも気軽にできるが、決して楽なものでもないと。しかし、そのアクションを起こすことによって、始めてダイエットや若返りにつながってくるそうです。最後に楽ではないが、誰にでも何歳からでも遅くはないと著者は言っていて、女性はこの言葉によってやる気がでてくるんではないかと思いました。

ダイエットは決して楽なものではなく、日々の食生活や運動を毎日少しづつ積み重ねることによって、結果健康で美しいプロポーションになれると、とってもわかりやすく説得力があり、チャレンジしてみようという気が起きる本だと思いますよ。

自分一人でダイエットにチャレンジする自信がないなら、やはりザイラップのようなパーソナルトレーナーがついてくれるジムがおすすめですよ!

ページ上部へ戻る